のぼり旗を使う:基礎編

のぼり旗を安く製作するための方法

のぼり旗は出来るだけ安価で作成するならフルオーダーよりも既成で注文した方が良く、
デザイン製作料なども発生しません。

この製作料は業者によって違いますが1枚3000円〜5000円くらいかかり、
これを削減出来るのはかなりのメリットです。

注文枚数が増えるほど一枚あたりののぼり旗の単価が安くなり、数百枚の場合だと要相談になっている会社もあります。

枚数次第によって半額近くになることも珍しくなく、同じデザインで大量に作った方がコストを抑えられます。

コスト

時間がなくてデザインを考えるのも手間があり、出来るだけ短縮したいときには
製作時間が少なくてすむ既製品のぼりも人気です。

在庫があれば翌日発送も可能で、オリジナルデザインよりも早く手元へと届きます。

デザインは数千からあって、多いところだと1万種類以上も揃っているので気にいったものも選びやすいです。

既製品ののぼり旗だと965円ぐらいが平均価格です。
オリジナルを一枚だけ作ったときに1000円台なら安いですし、それ以下ならかなり格安といえます。

 

のぼり旗製作をコスパで選ぶなら京都のれん

京都のれんは業界最安値でコスパがとても良くのぼりが作れます。
日本製のインクジェットプリントで、シルクスクリーンに関しても安いですが全て日本で染色していて安心です。

コスパで選ぶ使う配色や要望に応じてインクジェットプリントとシルクスクリーンプリントを
使い分けて製作することで、価格を抑えています。

例えばポリステルポンジーオーダーで、サイズは縦60cm×横180cmの完全データ入稿だと、
10枚〜19枚で950円、500枚〜だと400円と大量になるほど、一枚ののぼりの金額がかなり下がります。

オプション縫製で下三巻なら14円とこちらも安いです。

この加工はオリジナルを作るときにおすすめで、使い勝手が良くなり便利で、
名前のように下辺に三巻縫製を施します。

また、60cm巾よりも45cmにすることで1枚当たりのコストも下げることが可能です。

勿論大型ののぼりにも対応していて、こちらもかなりコスパを抑えてあります。

要望なども色々対応してくれるので予算にあわせて依頼しやすいです。